Virtual Office

デメリットも把握してバーチャルオフィスを利用しよう

ガッツポーズ

最近よく耳にするようになった新しい形態のバーチャルオフィスは、実際の事務所を用意せずに起業ができるということで、最近利用する人が増えてきています。ではバーチャルオフィスを利用すれば、どのようなことが行えるのでしょう。まず電話番号や住所を借りることができ、こちらに来た連絡や郵便物は自分のところに転送してくれます。また、有料あるいは無料で会議室を借りることも可能です。他にもバーチャルオフィスを運営する業者によっては、書類の保管サービスや来客応対代行サービスなどを行っているところもあります。 このようなバーチャルオフィスを上手に活用すれば、起業時の初期費用はかなり抑えることができますよね。
ただしもちろんメリットばかりではなく、デメリットもあります。例えばバーチャルオフィスでは、複数の会社が同じ住所を使用することになります。場合によっては優良とは言えない会社と住所を共有することになるかもしれません。その対策には事前に利用を考えているバーチャルオフィスで住所を検索してみて、気になる点がないか確認しておくと良いでしょう。 以上、デメリットもしっかり把握したうえで、上手にバーチャルオフィスを利用してくださいね。

注目記事