Virtual Office

小さな規模で起業するならバーチャルオフィスを利用しよう

会議

個人が小さな規模で起業しようとする時に、どこか小さなオフィスを借りることを考えるでしょう。ワンルームくらいの大きさで、自分一人だけで作業ができる空間があれば十分な訳ですが、そうなると毎月の家賃が発生するわけです。東京の自宅でできる範囲の会社であるならば、わざわざ部屋を探して借りる必要がないわけですが、自宅を法人登記するには、難しい点もあります。
そんな時に便利なのが、バーチャルオフィスです。東京には、たくさんのバーチャルオフィスが存在します。バーチャルオフィスは、法人登記ができる住所を利用することができ、住所だけ別の場所に存在するので、自宅にいながら起業することが可能です。しかも、東京で部屋を借りるよりもずっと格安なので、起業するための費用を抑えることができます。起業するのに、よい住所を選ぶことができ、郵便物を保管したり、自宅へ転送することもお願いできます。電話の転送サービスがあったり、秘書代行などもオプションでつけることも可能なので、起業するのに必要なすべての環境を、手軽に整えることができます。起業するのには、色々と準備が大変ですが、バーチャルオフィスならば、必要なことをほとんどすべて手軽に可能にしてくれるので、起業家を応援する素晴らしいサービスであります。

起業するときバーチャルオフィスを利用するメリット

起業を考えるとき、必ず直面するのがお金の問題です。ほとんどの場合、はじめは必ず大金が必要になります。なかでもお金がかかる事柄の1つとして、オフィス代です。そんなときにおすすめしたいのが、「バーチャルオフィス」です。バーチャルオフィスはレンタルオフィスとは違い、実際に作業する場所がなく、住所や電話番号などをレンタルすることになります。その分かなり安い金額ですみます。「はじめはこじんまりと事業を始めたい」「そんなに大きな企業にする予定はない」などという考えを持っている人はもちろん、単純に「初期費用を抑えたい」と思っている人にもおすすめです。

バーチャルオフィスのメリットはそれだけではなく、東京都内の一等地に住所をもつことができるというメリットもあります。実際の場所は必要ないので、東京の一等地でも高い賃料を払わずに会社を持つことができます。東京で起業したいけど、お金がかかる、なんて思っている人にとってバーチャルオフィスはとてもおすすめです。また、東京の一等地に住所があるというだけで、取引先からの信頼を得やすい場合がありますので、そういった意味でもバーチャルオフィスにはたくさんのメリットがあります。

バーチャルオフィスの魅力と有効な使い方

個人事業主として仕事をしている人の中には、会社としての住所を確保したいと考える人も少なくありません。こういった悩みを抱えている人に最適となるのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスとはその名の通り仮想の事務所という意味で、電話や郵便物が転送なども行えて会社から離れた自宅で仕事をしていても不便を感じることないのが特徴です。
需要の増加に伴って東京でも増えてきているこのバーチャルオフィスを利用をする上で大きなメリットとなるのがコストの削減になります。オフィスで仕事をする必要がないので最小限のスペースで足りることから、一般的なレンタルオフィスに比べてリーズナブルな価格で借りることが可能です。
この費用の削減によって、高額な家賃で通常であれば借りるのが難しい東京の都心などに会社の住所を置くことができるようになります。会社の立地は金融機関はもちろん、取引先からのイメージにも影響する大事なポイントです。地方に住みながら本社は東京の一等地にあるように見せられるのもバーチャルオフィスならではのメリットと言えます。
個人情報の保護という観点でも大きな役割を持ちます。自宅と会社の住所を同じにした場合、業務内容によってはプライバシーが侵害されてしまうケースも少なくありません。住所を別にしておけばこうした心配がなくなります。


信頼性のある住所を持ち、清潔感のある会議室を使いたい方に最適なバーチャルオフィスです。バーチャルオフィス東京のナレッジソサエティでは、法人登記可能です。

注目記事